var vc_pid = "886686399";

爆速!NURO光とバッファロールーターで実現

SARUKU

今まで光コラボを使用、

余りにも遅いので調査依頼しました。

伝送経路終端に近く、住環境が影響しているとの見解。

時間帯によっては回線スピードが20M以下しか出ない時があり
YouTubeやPrimeビデオが切断されるのが常。

解約更新期間になったので今回思い切ってNURO光に変えた。

結果は大成功、400M以上出るようになり、接続範囲も広がりました
大満足です!

自宅が広いのでONUにルーターや中継器を接続しています。

この記事はNURO光とバッファロールーターの設定に関する記事になっています。

同じようなお悩みの方ご参考にどうぞ。

NURO光開通までの流れ””

  1. NURO光に申し込み
  2. 屋内工事(屋内光回線工事)
  3. 屋外工事(外の配線工事)
  4. ONUとブリッジ、中継器の接続(インターネット使用可能になる)
  5. 電話のポータビリティを申し込んだ人はTA機器到着まで待ち。
    注:今の電話接続業者をこの時点ではキャンセル出来ません間違って解約すると電話番号が消滅します。
  6. TA機器到着後電話工事完了通知がメールで届き完了
    注:この時点で今までのインターネット契約業者を解約可能になる。

申し込んでから内部工事まで約3週間、外部工事まで入れると約1.5ヶ月間かかり、TAの到着から電話工事完了まで同じく1ヶ月ほど非常に混んでいます、余裕をもって申し込んだ方がいいと思います。

   

NURO光とバッファロールーターの組み合わせで爆速実現

ホームネットワーク構成 NURO光導入前と後

 導入前ネットワーク構成とスループット

楽天光== NTT東日本ONU ==バッファローWSR5400AX6 --WXR1900DHP3

== 有線 

-- 無線

ONU        有線ルーター機能有  

WSR5400AX6    ルーター 

WXR1900DHP3    中継器

平均ダウンロードスピード ベストエフォート 50~70M 5M測定

導入前スループット

導入後ネットワーク構成

NURO光回線==ONU F600A ==バッファローWSR5400AX6 --WXR1900DHP3

== 有線 

-- 無線

ONU F600A    ルーター

WSR5400AX6   ブリッジモード

WXR1900DHP3   中継器モード

平均ダウンロードスピード 500M 5M測定

導入後のスループット

NURO光の使用機器

1 ONU F600A (NURO光提供品)

ONU F600A
ONU F600A

2 バッファロー WSR5400AX6 (ブリッジモードで使用しています)

バッファロールーターAX6
バッファロールーターAX6

3 バッファロー WXR1900DHP3 (家が広く届かない箇所がある為中継器として使用)

WXR1900DHP3
WXR1900DHP3

F660Aの基本設定

F600Aのセキュリティ設定

  1. F600Aにログイン(F660Aにログイン情報は記載されています)
  2. 最初の画面で独自パスワード設定画面が出てきます。
    英数字での設定になりますが必ず大文字を一文字入れましょう。
  3. 【セキュリティ】⇒【ファイアウォール機能を有効】にチェック。
  4. 【ファイアウォールレベル(ipv4)】分からない人は中を選ぶ。
  5. 【SPI(ipv6)】を有効にチェックを入れる。
  6. 最後に設定ボタンを押す。

以上です。

F660A設定画面
F660A設定画面

ゲーミングルーターで接続したい人は一工夫必要ですがここでは一般的な設定で説明しています。
F660Aはひかり変換機能+ルーター+無線LAN機能これ一台で全て完結型の
機能を持っていますが負荷軽減の為に無線機能をストップさせる設定をします。
ひかり電気信号変換機能+ルーター機能のみとしてパフォーマンスを集中させます。

ルーター機能は停止できません

F660A無線機能停止設定

5Gの例です、デフォルトでは【無線LAN機能を有効にする】にチェックが入っています、

このチェックを外し設定します。

同様の操作を2.5Gでも実行し、完了します。

F660A無線機能設定
F660A無線機能設定

無線機能はブリッジ(バッファローではアクセスポイントと呼称:同じ意味)と

中継機器が負うことになり、負担分散で全体のスループットが向上します。

バッファローブリッジ(アクセスポイント)と中継器の設定

バッファロー WSR5400AX6 設定

ブリッジ(アクセスポイント)設定にします。

従来の設定はAUTOかルーターモードになっています。

  1. MANUAL選択
  2. APモード選択(アクセスポイント)
 WSR5400AX6
WSR5400AX6
  WSR5400AX6 裏面
WSR5400AX6 裏面

3.設定を確認

  ログインします。
(ID、パスワードは本体に添付)

  詳細設定を選択し、動作モードが【アクセスポイント】になっていればOKです。

バッファロールーターログイン画面
バッファロールーターログイン画面
AX6設定画面
AX6設定画面

AX6前面のランプの状態(ルーターランプが消灯しています)

AX6全面ランプの状態
AX6全面ランプの状態

WXR1900DHP3 の中継器設定

中継器設定を事前に済ませておく必要があります。

ルーターを中継器にする方法

ルーターを中継器にする方法 

  1. スイッチや前面ランプ確認
  2. 次のようになっていれば正解です
1900DHP3前面ランプ状態
1900DHP3前面ランプ状態

1900DHP3後面スイッチ状態
1900DHP3後面スイッチ状態

設定がMANUALとWBになっていれば正解。

以上で完了です。

ホームネットワーク構成と注意すべき設定

  • ホームネットワークの確認 ⇒ 意図した構成になっていない場合がある。
  • ルーターのバージョンによる障害除去 ⇒ 遅延や障害につながる可能性あり。

ホームネットワークの構成確認 BUFFALOの場合 StationRadarで確認できます。

ネットワーク構成
ネットワーク構成

ネットワーク障害例と対処法

インストール当初こんな状態が発生する事があります

スループット障害
スループット障害

AX6セキュリティ設定

【悪質サイトブロック・情報漏洩ブロック】 にチェックが入っていました

チェックを外すと快適状態になります。

私の場合はファイアウォールやセキュリティソフトをインストールしているので不要と判断。
気になる人はライセンスをメルコより購入できます、ただしセキュリティゲートが増えるので
ネットワーク負荷が増大します。

AX6セキュリティ設定【悪質サイトブロック・情報漏洩ブロック】
AX6セキュリティ設定【悪質サイトブロック・情報漏洩ブロック】

まとめ

  • 自宅の環境がドコモのコラボ光の終端に近いのでスピードが出ない。
  • NURO光はドコモ回線とは別なので環境に左右されない。
  • NURO光をインストールすることにより快適なネット環境が構築出来た。
  • バッファロールーターをブリッジ(アクセスポイント)と中継器として使用し
    スループットとエリアの広さをカバーする事が出来た。
  • F660Aに負担軽減の為に無線機能を停止し負荷分散を実現。
  • F660A設定、バッファロールーターの設定により高いスループットを得た。

現在、NURO光は混んでおり数か月待たされるので早めの申し込みをおすすめ。

使用したバファロー製品

基本的にはルーターを機能変換して使用しています

ブリッジ(アクセスポイント)

中継器

中継器専用だと廉価です

-IT, ブログ, モバイル