社会保険給付金サポートを分かり易く解説〖最長28ヶ月受給〗

SARUKU

社会保険給付金とは会社を辞めた

場合に支給される失業手当、傷病手当、

再就職祝い金(手当)などを指します。

毎月の給料から差し引かれている

雇用保険から失業時に充当される国の手当の事ですね

ジュンコさん
SARUKU そう

そうなんだ、給付金サポートとは雇用保険給付金の

申請をサポートするサービスを指している。

それを専門にしている会社が給付金サポート会社なんだ。

実際利用者も多く実績もあるが、最大で数百万円も

受給額が違うとなると新手の詐欺かと思うようね。

この記事で詳しく説明していくよ。

社会保険給付金サポート会社に依頼すると最大28ヶ月間受給出来る可能性があります。
退職コンシェルジェというサービスを提供している会社も併せて調べました。

以下のブログは、なかなか退職出来ない人の為にまとめた記事です、関心があればご覧ください。

社会保険給付金とは何でしょう

社旗保険給付金サポート

退職後に受給可能な社会保険給付金が以下です

  • 失業手当(保険)が雇用保険に加入していると支給されます
  • 傷病手当が業務外での病気、怪我の場合に支給されます
  • 再就職祝い金が再就職した場合に支給されます

それぞれを組み合わせて最長20ヶ月以上受給出来ます

失業保険は雇用保険制度。会社に勤めている人は給与から

社会保険料の一つとして雇用保険料が差し引かれています。

これは失業した時の備えとして加入している雇用保険料です。

社会保険給付金サポートとは、「社会保険」の制度の中の給付金を受け取る手続き補助のことです。

上記のそれぞれを組み合わせることで、最大で20か月以上も給付金を受け取ることが可能になります。

病気や怪我で働けなくなった時に社会保険給付金で最大28ヶ月間受給できる

給付金サポート
給付金サポート活用した場合

この公的制度を活用すればお金の心配をせずにすみます。

なぜこのような制度が活用されないのでしょうか?

公的な制度なので活用できるのですが手続きが複雑で知っている人が少ないのが最大の原因です。

手続きが煩雑です。

  • 申請書類や手続き方法が分からないので自分で調べる必要がある
  • 病院受診や手続きが不安
  • 会社での手続きが面倒で嫌がらせされるかもしれない
  • 健保組合とのやり取りができない
  • 想定外の万が一の場合の対応方法が分からない

などが主な理由、そんな方は給付金サポート会社へ依頼することを検討してみてください。

相談は無料です。


理由次第で社旗保険給付料が異なる場合があります。

相談は無料なので一度相談してから判断することをおすすめします。

社会保険給付金サポート 相談は無料です

戻る

社会保険給付金サポートサービス 退職コンシェルジェとは

動画は転職コンシェルジェの作成で、社旗保険給付金サポートの紹介動画になっています。

転職コンシェルジェ紹介動画

サポート対象給付金

主な給付対象の社会保険は以下の2つです。

1 雇用保険より支払われる失業手当(基本手当)
   給与のおよそ50~80%が最長10ヶ月支給

2 健康保険組合(健康保険制度)から支払われる傷病手当
   給与のおよそ60%程度が最長18ヶ月支給

いずれも要件さえ満たしていれば誰でも申請し受給出来ます。

次に各手当について説明していきます。

失業手当(基本手当)

毎月の給料から差し引かれる雇用保険のことで失業手当と呼ばれています。

失業手当
失業手当

通称失業手当と呼ばれるのもので再就職までの期間の生活を保障する保険になります。

手当は勤務期間(被保険者期間)、退職理由、年齢などのよって変わります。

また、金額は給与の50~80%程度が目安です。

期間は30~330日間あいだとなります。

失業手当早見表

失業手当早見表
失業手当早見表

例:A氏40歳 勤続18年 給与40万円

支給額24万円 自己都合か会社都合かで受給期間が異なります

自己都合で退職した場合  支給期間 4ヶ月間 総支給額  96万円

会社都合の場合      支給期間 8ヶ月間  総支給額 192万円

但し、自己都合の場合は1年以上
会社都合の場合は6ヶ月以上
雇用保険に加入している事が条件になります。

さらに求職活動ていることが必須条件になります。

自己都合か会社都合かで大きく受給期間、支給額がかわります。

佐藤さんの例
佐藤さんの例

社会保険給付金サポート 相談は無料です

戻る

傷病手当

傷病手当とは健康保険制度の給付金の一つで雇用保険と同じく失業時受給できます。

雇用保険と組み合わせて受給すれば最大で28ヶ月間支給期間が延びます。

病気や怪我をして仕事が出来ない時に受給できる手当です。
健康保険組合に加入していれば誰でも受けれる制度です。

SARUKU

傷病手当を利用すれば病気や怪我の治療に

お金の心配をすることなく専念できます。

但し次の申請条件を満たす必要があります。(全国健保より)

申請条件

  • 業務外で発生した病気、ケガであること
    業務中に負ったケガは労災の給付対象となる。
  • 仕事ができる状態ではないこと
    仕事ができない状態というのは、自己判断ではなく医師の意見が必要。
  • 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
    休みが4日以上続いた場合が支給対象。
  • 休んでいる期間中給与の支払いがないこと
    休業中の給与も支払われている場合は傷病手当金は支給されません。
    ただし、傷病手当金の額より給与が少ない場合はその差額を給付してもらうことができます。

支給金額は

労務不能1日につき標準報酬日額の3分の2ぐらいの金額が目安となります。

また、最長で18ヶ月が支給期間となります。

40万円の給与の方の場合は

月額約26万円で最長18ヶ月だと約480万円ぐらいになります。

加入している健康保険の種類で傷病手当金の取り扱いは違います、

退職後も受給するための要件や申請手続き方法も異なります。

また、傷病手当の範囲ですが

怪我だけではなく、うつ病などの精神疾患も対象になります。

例えば残業が多い、手当が出ない、ハラスメントが多くてやめたくなった、等も
傷病手当の対象になるケースがあります。

辛い職場
辛い職場

退職には会社での人との付き合いや過重労働、様々なハラスメントによる精神疾患も含まれます。

だがなかなか申請書類を揃えるのが大変で一人でやると受けつけてもらえない可能性があります。

よく言われるのが以下の4っつの関門の突破です。

4個の関門
4個の関門

傷病手当を対象者の0.5%しか受けていません。

理由は 1知らない  2手続きが面倒  の二点です。

傷病手当の現状 
傷病手当の現状 
サポートイメージ
サポートイメージ

メンタルヘルスについて医療法人と提携しています。

メンタルヘルスを医療法人と提携
メンタルヘルスを医療法人と提携

社会保険給付金を受けていても再就職で不利になることはありません。
また、再就職にあたって申告は不要です。

貴方も対象者かもしれません、退職後でも結構です、是非一度ご相談ください。

たとえ万が一給付金が出なくてもかかった費用は全て返済されるので安心です。

退職後も受給するためには以下の要件を満たさなくてはいけません。

  1. 退職日までに、継続して1年以上健康保険に加入していること
  2. 退職日(資格喪失日)に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること
  3. 退職日以降も支給期間が残っていること(最長1年6ヶ月)

注意しなければならないのは、「退職日に出勤してはいけない」ということです。

退職の挨拶や引継ぎなどでの、出社した気持ちを抑えましょう。

出勤すると「仕事ができる状態」とみなされて、傷病手当金が受給できなくなります。

なんか変ですね、でも休みましょう!

また、傷病手当を受け取っている間は失業手当は出ません

働けないでしょう、求職活動はむりですよね、というわけです、

この場合失業保険の延長申請を忘れないようにしましょう。

面倒でややこしいですね要はサポート会社に相談が一番安心です。

傷病手当サポート 相談は無料です

社会保険給付金受給資格

受給には資格が要ります。

  1. 年齢 20~54歳
  2. 退職日まで 二週間以上、三ヶ月未満であること
  3. 社会保険に一年以上加入している
  4. 転職先が決まっていない事

    以上を満たす必要がありますが、あくまで目安なのでまずはご相談を!

スマートフォンやPCからの無料WEB説明会で詳しい内容を解説しています。

対話形式ではないのでYouTubeを見る感覚で気軽に参加できます。

社会保険給付金サポート WEB説明会申し込みはコチラ

戻る

運営会社は大丈夫か確認しましょう

社会保険給付金サポートの業者も増えています。

社会保険給付金を詐取しようとする悪質業者も存在します。

次に業者を選ぶときの注意点をまとめました、今回の会社に充てはめ検証していきたいと思います。

  1. 会社の存在、実態があるのか?
    事業所の場所ががバーチャルオフィスなどの場合、信用性に欠けます。
  2. 同様に会社の連絡先や住所、存在しているのか?
    会社の住所、電話番号などの連絡先が明らかになっているか。
    電話番号がわかれば、一度かけてみて対応を確認するのも重要です。
  3. 弁護士、社労士、各種保険機関や医療機関と提携しているか
    退職にかかる内容ではトラブルも多いために弁護士、また手続きには社労士、
    場合によっては医療機関などの協力も必要になってきます。
  4. 国の認可をもらっているのか?
    人材にかかわる業務は国の公的な認可が必要です。
  5. 実績はあるのか、会社としての継続性はあるのか?

などを調べました。

ここで紹介したCREED BANKは問題ありませんでした。

会社の実態はあります。
上記の条件すべて満たしています。

退職コンシェルジェを運営しているのは CREED BANK 株式会社 で創業は2016年。

事業範囲は人材、通信、不動産、クリエイティブと4分野にまたがっています。

退職コンシェルジェはそのうちの人材分野に該当します。

CREED BANK 株式会社
CREED BANK 株式会社

提携先も充実しています。

提携先一覧
提携先一覧

退職コンシェルジェサービスの実績

退職に関わるサポート範囲が幅広く、今まで1500人のサポート実績があり、97%の支給実績があります。
また、以下のように実にきめ細かな退職に関わる多くのサービスを提供しています。

サポート実績
サポート実績

社旗保険給付金サポートは幅広い退職支援事業の一つです。

社会保険給付金サポート 相談は無料です

戻る

社会保険給付金サポート会社への支払い額は

社旗保険球菌サポート事業
社旗保険球菌サポート事業

一番気になる依頼金額と受給できる金額について記載していきます。

毎月30万円の給料をもらっていた佐藤さんが540万円も受け取れた例です。

①雇用保険のみで30万円×60%=18万円×3ヵ月=54万円だったところが
②社会保険を組み合わせて最高540万円となり
③支給途中で再就職した場合でも最高246万円となります

受取り総額の10~15%がかかるコンシュルジェに支払う費用です、
また、成功報酬なので受給できなかったら全額返金されます。

1500人の実績と97%の成功事例があるので安心です。

相談も無料で実施しています、また、Webでの説明会も実施しているので参加するのがお勧めです。

支払いも一括払い、分割払いなどあるようなのでまずはご相談を、無料です。

WEB説明会 ご相談はコチラ

社会保険給付金を受け取るまでのながれ

サポートを受けるまでの流れを説明します。

  1. 退職コンシェルジェ(社旗保険給付金サポート会社)へ問い合わせ、相談する。
  2. 受給資格確認や給付金申請方法、サポートに対する支払額等の説明だあります。
  3. 受給資格確認が出来、納得できたら正式にサポートを受けることを申し込みます。
  4. 専門家によるアドバイスに従い必要書類を準備します、その際書き方、進め方も教えてもらえます。
  5. 用意した書類をハローワークへ提出します。
  6. 雇用保険説明会がハローワークで開催されるので参加し説明を聞きましょう。
  7. その後受給開始となります、約2ヶ月程度支給までかかります。

以上が大まかな流れになりますが自己都合退職か会社都合かで支給開始時期や期間が異なります。

給付金をサポート会社に依頼するメリットとデメリット

給付金サポート相談
給付金サポート相談

サポートを受けるメリット

メリットを記載
GOOD
  • 雇用保険以外の受け取れる給付を教えてもらえる。
    人によって退職時の内容が異なります、自己都合か会社都合かでも違います。
    病気か怪我でも違ってきます。
    転職コンシェルジェに相談して適切な対処方法を教えてもらえます。
  • 複雑な申請方法の書き方や手続きを任せられます。
    傷病手当、再就職祝い金などの手続き方法は複雑なので適切な対応が要求されるが任せて安心です。
  • 受給期間が延びたり、受給時期がはやまる可能性があります。
    人により申請の違いや内容により異なるがサポートを受けることで対応できます。
  • 受給額を増額できる可能性があります。
    辞めた理由により失業保険以外の給付を受給できます。

人によっては数十万円から数百万も違ってきます、迷ったら必ず相談することをお勧めします。
相談は無料です。

デメリット

デメリット
NO

人によってはブランク期間をなるべく短くしたい方がいると思われます、
そのような方にはサポート会社利用は向いていないと思われます。

また、受給期間中は働くことが出来ないのでアルバイトなどはサポート会社に相談した方がいいでしょう。

  • ブランクが長くなる。
    長いブランク状態が続くと次の就職に差しさわりが出る場合があります。
    就職祝い金も出るので早めに再就職できるように心がけましょう。
    就職祝い金申請のアドバイスも退職コンシェルジェで受けることが出来ます。
    また、この時期にキャリアアップのための勉強することもお勧めです。
  • サポート会社にたいしての費用が発生しますが受給できる金額が大きいので問題ではないでしょう。

サポート会社を利用した方がいい方

  1. 失業後の生活不安で再就職が出来るか不安な方。
  2. キャリアアップの為に資格を取りたいと考えているのでなるべく時間とお金が欲しい方。
  3. 手続きをなるべく簡単にしたい方。
  4. 失業保険を最大限受け取りたい方。
  5. 会社を辞めた理由がハラスメントなどの場合。

日本は各種の社会保険が充実しています、制度を知って利用することをしっかりと考えていきましょう。

退職コンシェルジェサポート体制

長時間労働、人間関係のストレス、ハラスメント等で肉体的、精神的に
きつくて退職したケースなどは給付金の対象になる場合もあるのでサポート会社に相談することをお勧めします。

こんなスタッフ(一部紹介)が懇切丁寧に対応してくれます

専任スタッフ
専任スタッフ

退職コンシェルジェは300件/月を超える相談があるそうですが
退職後の社会保険給付金を知っている方は10%もいないのが現実です。

さらに全国健康保険協会加入者の支給対象者約580万人にたいして認定人数が3万人(0.5%)程度。

理由としては
・ 制度内容が複雑
・ 勤労者に認知されていない

制度は知っていても申請が通るのは非常に難しくなかなか通らないようです。
会社、保険組合、病院全ての承認が要るそうで面倒ですね。

また上手く申請できても受給開始までに半年以上が当たり前、受給できても途中で支給停止となるケースが多く
支給条件も細かく決まっています。

戻る

利用者の声

多くの利用者の感謝の声を紹介します。

利用者の声
利用者の声

その他の多くの方の声が届いています。

サービス面

サービス面について利用者の方の声です。

⚫ 自分で調べる事がほとんど無くなったので、そこが楽だと感じます。
(Y.Sさん・30 代・男性)
(前職:配送ドライバー /月収:26~30 万円 /毎月の受給額:約 17 万円)


⚫ 本当に受けてよかったと思います。不安でしたが、ChatWork だけでなく、直接通話で
もお話聞いていただいて、そこからは安心してお任せ出来ました。
(Y.Iさん・50 代・女性)
(前職:事務職 / 月収:31~40 万円 / 毎月の受給額:約 25 万円)


⚫ 一つ一つ流れを教えてくださること
(Y.Sさん・50 代・女性)
(前職:営業職 /月収:26~30 万円 /毎月の受給額:約 18 万円)


⚫ 一人で、悩むことがなくなったのでよかったです。
(S.Tさん・40 代・男性)
(前職:警備業 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 24 万円)

⚫ 下手に気をもまなくて済む。安心。確実。タスクをこなせばいいので楽。
(T.Iさん・20 代・男性)


(前職:イラストレーター /月収:20 万円以下 /毎月の受給額:約 13 万円)
⚫ アナウンスしてもらえるのはとても助かります。
(D.Tさん・30 代・男性)
(前職:研究開発 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 22 万円)


⚫ 宿題みたいにやる事を提示して貰えるところ
(M.Wさん・20 代・女性)
(前職:業務端末の設定 /月収:20 万円以下 /毎月の受給額:約 12 万円

⚫ 細かい質問にも丁寧に答えていただけるところ
(T.M さん・30 代・男性)
(前職:助監督 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 22 万円)


⚫ サポートが充実
(K.Sさん・40 代・男性)
(前職:営業職 /月収:41~50 万円 /毎月の受給額:約 29 万円)


⚫ 書類の記入漏れとか、自分が気付いていない所を言ってもらえるので助かります。
(Y.Yさん・40 代・女性)
(前職:介護職 /月収:20 万円以下 /毎月の受給額:約 10 万円)


⚫ 質問に対する解答も大変良くて、安心して相談できました。
(Y.Oさん・50 代・男性)
(前職:営業職 /月収:41~50 万円 /毎月の受給額:約 29 万円)


⚫ 疑問点に回答していただけたこと
(Y.Kさん・40 代・女性)
(前職:事務職 /月収:26~30 万円 /毎月の受給額:約 20 万円)


⚫ 不備なく進められるため給付金を貰えない心配がなく良かった。
(M.Sさん・20 代・女性)
(前職:看護師 /月収:26~30 万円 /毎月の受給額:約 19 万円

⚫ 給付金申請についてのスケジュール管理をしてもらえた事
(J.Sさん・50 代・男性)
(前職:製造業 /月収:26~30 万円 /毎月の受給額:約 19 万円)


⚫ 疑問に思うことを聞くと、結構な速さで返事を貰える
(Y.Sさん・20 代・女性)
(前職:調剤事務 /月収:20 万円以下 /毎月の受給額:約 12 万円)


⚫ 細かいサポートで毎度ホッとしています。
(N.Iさん・40 代・女性)
(前職:営業職 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 22 万円)


⚫ 毎回丁寧に対応いただいている点
(Y.Sさん・20 代・男性)
(前職:営業職 /月収:26~30 万円 /毎月の受給額:約 17 万円)


⚫ サポートを丁寧にしてもらえる事
(N.Tさん・20 代・女性)
(前職:事務職 /月収:21~25 万円 /毎月の受給額:約 15 万円)

金銭面 生活面

生活面での利用者の声です。

⚫ なかなか上司に退職したいことを言い出せず毎日悩んでいました。 このサービスを知
り、退職までの流れや収入の心配がなくなったことから思い切って退職に踏み切れま
した。 申請方法を詳しく教えていただき、とても助かっています。 サービスを利用し
たおかげで、肉体的にも精神的にも本当に楽になりました。
(A.Yさん・30 代・女性)
(前職:営業職 /月収:21~25 万円 /毎月の受給額:約 13 万円

⚫ 慌てて次の職を探さねばという焦りが全くなくなったのがよかった。暫くの間の生活
費に困らなくなったのも良かった。
(T.Aさん・50 代・男性)
(前職:事務職 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 26 万円)


⚫ 選択肢が広がった
(S.Hさん・20 代・男性)
(前職:営業職 /月収:26~30 万円 /毎月の受給額:約 18 万円)
⚫ 経済的に大変助かりました。
(M.Tさん・40 代・男性)
(前職:水道屋 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 21 万円)


⚫ 心身の休息と人生の立ち止まる時が与えられた
(S.Wさん・40 代・男性)
(前職:福祉事業 /月収:21~25 万円 /毎月の受給額:約 16 万円)

⚫ 収入面で安心して過ごせた
(R.Kさん・30 代・男性)
(前職:管理職 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 24 万円)


⚫ 自分を守る事ができた
(S.Kさん・40 代・男性)
(前職:介護職 /月収:31~40 万円 /毎月の受給額:約 20 万円)


⚫ 安心して受給を受けられること
(M.Iさん・40 代・男性)
(前職:プログラマー /月収:41~50 万円 /毎月の受給額:約 27 万円)


⚫ ゆっくり静養できていること
(K.Hさん・30 代・男性)
(前職:運送 /月収:21~25 万円 /毎月の受給額:約 16 万円)

戻る

退職コンシェルジェは総合退職専門会社

退職コンシェルジェは退職の総合業、あらゆる相談が受けれる体制が整っています。

再就職や引っ越し迄転職にまつわることを全て扱っています。

クレジットカードの変更、確定申告、退職代行、人によっては生活保護や

障害年金申請なども相談にのっています。

退職の総合サービス
退職の総合サービス内容

戻る

全国どこでも対応します

スマホやPCなどを通じてのサービスなので全国どこでも対応します。

オンライン対応体制
オンライン対応体制

受給出来なかったら全額返還なので懸命にサポートをしてくれます。

専門のスタッフが親身になって対応します。

退職後の就職が不安

受給満期後の就職が不安な方には提携先企業を通じ紹介する就職斡旋も行っていますので安心です。

また、就職祝い金も支給サポートもします。

再就職手当
再就職手当

就職祝い金
就職祝い金

まとめ

  • 社会保険給付金サポート事業(退職コンシェルジェ)を運営しているのは
    GREED ⅮBANK株式会社。創業は2016年で本事業は4分野の1つに該当する。
  • 退職コンシェルジェは退職総合コンサルタント会社で実績数多く(1500件余)ある。
  • 社旗保険給付金を受け取っているのは対象者の0.5%しか受け取っていないのが実態。
  • 実際に3ヶ月の受給が最大28ヶ月、金額にすると数百万円の違いになった実績がある。
  • 相談した方の97%の方が受給できている。
  • 万一受給が出来なかったら依頼金は全額返還するので安心して頼める。
  • 相談は無料、WEB説明会を開催しているので十分内容確認できる。

社会保険給付金サポート ご相談はコチラ

戻る

再就職で苦戦している方、不安な方には専属サポーターがフォローする再就職エージェントhoneホンをおすすめします。

20,30代限定になりますが地方から都会への転職も面倒見てくれます。

-転職, 転職と副業