退職代行 信頼ある弁護士・労働組合系を紹介

SARUKU

会社を辞めたいが辞めれない人に向けて、おすすめの代行業者を紹介しています。

今は多くの退職代行業者がありますが、法律的に会社と退職交渉を出来るのは弁護士か労働組合だけです、ここで紹介しているのは弁護士と労働組合系のおすすめの業者を紹介しています。

個々の条件を考えながら紹介した中から最適な代行業者を選んでください。

退職にまつわる残業代などや各種手当などの未払金、退職金、などの会社との交渉は

弁護士や労働組合でないとできません。

もし、一般の会社が行ったら非弁行為として法律違反になり罰せられます。

この記事ではおすすめの退職代行業者として弁護士法人と労働組合を紹介しています。

  1.  労働組合おすすめ2選 〖SARABA〗 
                〖東京労働経済組合ガーディアン
               
  2.  弁護士法人おすすめ2選 〖みやび
                 〖退職110番

退職をスムーズに おすすめの退職方法

転職成功術

ほとんどの場合で退職時にはトラブルが発生します。

中々辞めれない、揉めると退職金や給与残や等に障害が出るかもしれないので不安。

そんな方にはケースに応じて退職代行会社を使うことをおすすめします。

退職代行が出来て会社と交渉が出来るのは弁護士か労働組合しかありません。

それぞれ代表的な会社を紹介します。

労働組合系

労組系は安くおさめたい、早く退職したい人に向いています。

労働組合系退職代行”SARABA”

退職代行SARABA

実績:労働組合系の退職代行会社SARABAでは実績豊富、今年3月時点で15000人の退職サポート。

・25000円(税込)と比較的安い価格設定
・退職出来なかったら全額返金保証付
・行政書士監修の退職届付き
・24時間365日相談受付、電話、ライン、メールで5分以内即対応
・労働組合が対応するため交渉が可能

それでは各特徴を見ていきましょう。

SARABAは委託料金が安い

業界平均は3~5万程度、オプション料金を請求される場合もあります。

SARABAはオプション料金、追加料金無し、一律25000円と安く

後で一切請求されません。

SARABAは全額返金保証

SARABAは万が一退職代行できなかったら全額返金保証があります。

実際はそのようなことは起きていないくらしく

途中で退職から休職にしたケースなどが該当したそうです。

行政書士監修の退職届がプレゼント

会社によっては退職届を出してくれないところもあります。

会社に対する要望書もあわせてフォーマットに沿って書くだけ、

考えなくていいから楽です。

SARABAは365日24時間対応

SARABAは365日24時間対応してくれますからいつでも相談できます。

およそ5分以内での対応を心掛けているようです、相談は無料です。

口コミにも対応の早さには定評があります。

SARABAは退職に関しての有給消化、未払金、退職金などの交渉が出来ます

この交渉が出来るのは法律で労働組合か弁護士のみと決まっています。

弁護士や労働組合以外が交渉すると非弁行為として法律違反になります。

SARABAは労働組合なので交渉が出来ます。

SARABAに出来ない事

退職の事案で法廷闘争にかかるようなケースの場合は弁護士しか対応出来ません。

雇用者側に対する訴訟や、その逆の訴訟などの事案による場合には弁護士しか対応できません。

法廷事案は全て弁護士しか対応できません。

弁護士への依頼は安心ですが、料金的には相応の高額となります。

特段の法律的な不安事案がないなら労働組合系のSARABAは有力な選択肢の一つとしておすすめできます。

100%返金保証の退職代行SARABAの公式HPを見る

TRK東京労働経済組合 ガーディアン

弁護士の退職代行 ハラスメントや未払い手当など金銭含めた退職時のトラブル回避

退職にあたり様々な不安やトラブルを抱えている人には弁護士を選ばれた方がいいでしょう。

費用面では労働組合系より高いですが不安やトラブルの解消に弁護士に依頼するのが無難です。

定評のある二社を紹介しています。

弁護士系

〖みやび〗他社が投げたような困難な案件も24時間フルサポートで対応

〖退職110番〗労働問題専門の弁護士が対応

弁護士法人”みやび”

弁護士事務所みやび
弁護士事務所みやび

退職代行で弁護士に頼むには敷居が高く勇気がいるかと思います。

弁護士に頼むとどうなるか、どんな結果がでるのかをまとめました。

特徴
  • 安心の弁護士代行
  • 他社の投げ出した困難ケースも引き受け
  • 日本全国サポートOK
  • 完全退職まで責任フルサポート
  • LINEメールで24時間サポート

みやびを運営しているのは

名称弁護士法人みやび
弁護士佐藤 秀樹
所属弁護士会第一東京弁護士会
住所東京都中央区銀座7-13-8
ホームページみやび公式ページ
弁護士法人みやび

実際に弁護士が対応してくれますのでトラブル含みの退職も安心です。

弁護士法人みやび相談は無料です

料金

一般的な代行業者と比較すると高めです。

弁護士の基本報酬体系に基づいているので成功報酬なども必要ですが

専門知識を持った弁護士が最後まで対応するのでトラブルを抱えている方にはかえって廉価、

また、非弁行為(弁護士資格を有する人しか交渉できない事柄:金銭問題、ハラスメント訴訟等)

は法律違反です、弁護士なら安心です。

依頼料
依頼料

非弁行為の場合のご参考:

弁護士法人みやび
弁護士法人みやび

弁護士法人みやび相談は無料です

なぜ”みやび”が選ばれるのか

退職トラブルにまつわる未払金、退職金などの金銭的な問題や

ハラスメント、公傷などが理由の場合、ブラック会社などの

脅しなどにも弁護士資格を持っている退職代行会社だから安心です。

みやびが選ばれる理由

弁護士法人みやび相談は無料です

退職理由がパワハラ、また未払金や退職金交渉など問題が多い場合

ハラスメント、公傷が理由の退職だったり、未払金や退職金交渉など複雑な交渉が必要な場合は

弁護士に依頼した方がいいでしょう。

なぜなら法廷での争議になる可能性がある場合には最初から弁護士に依頼した方がうまくいきます、

最初弁護士以外に頼んで、もしも法廷沙汰になった場合、弁護士に依頼する必要が出てくるからです。

最初から危惧する事案がる場合や不安がある場合は最初から弁護士に依頼した方が却って安上がりだし

解決まで早いでしょう。

よく分からない方、判断が出来ない方は無料ですから一度相されることをおすすめします。

退職代行弁護士法人みやび

みやびへの質問集

弁護士法人みやびへの質問集を紹介します。

質問と答え
質問と答え

退職代行弁護士法人みやびに相談してみる

実行までのステップ

相談し依頼するまでの典型的なステップを紹介します。

  • 気軽に相談
    依頼者のケースごとに期間、対応等説明、料金はかかりません。
    相談はLINEやメールで出来ます。
  • 相談後、頼んでみたいと思ったら、依頼します。
    今後の流れや入金案何が送られてきます。
  • 代行サービススタート
    入金確認後すぐに弁護士が動きます。
  • 最短即日に円満退社。

簡単です。

まずは無料相談から如何でしょうか。

退職代行弁護士法人みやびに相談してみる

退職110番

退職110番
出展 退職110番ホームページ
  • 正社員、パート、アルバイト一律43500円 弁護士としては安価
  • 退職出来なかったら全額返金制度あり

特長

  • 弁護士対応による退職代行なので会社側の不当な要求に対抗可能
  • 依頼者とはメールでのやり取りのみのケースもあり
  • 書類手続きや手配も全てお任せで処理できる
  • 残業代残額の未払金請求やパワハラ、モラハラによる賠償請求も対応
  • その他社宅退去仲裁や借入金交渉も可能
  • 弁護士事務所なので訴訟には対応

弁護士と非弁業者との相違

弁護士はオールマイティに対応できます。

実行可能項目退職110番非弁業者
退職意思の伝達
会社との連絡対応△(伝言のみ)
退職書類の作成・請求×
残務引継の調整×
有休休暇の調整×
退職日の調整×
私物・返却物の調整×
残業代の請求※1×
未払金の請求※1×
退職金の請求※1×
慰謝料の請求※1×
労働災害保険の申請※1×
社宅退去の仲介※2×
借入金返済の交渉※2×
訴訟対応※2×
※1 別途成功報酬が必要 ※2別途費用(要相談)

申し込みの流れ とFAQ

  1. 申し込み・支払い
  2. 退職準備 給与証明等の在籍証明提出等や別途打ち合わせあり
  3. 退職処理・退職 会社へ弁護士名義の退職通知を送付
            退職に伴う諸手続き、離職票発行依頼、貸与品返却や退職金振込、
            残有給休暇の消化等を手配。

有給休暇が残っている場合は、退職までに消化することができますか?

退職までに未消化の有給休暇がある場合は、取得することができます。
有給休暇は労働者の権利ですし、退職の意思表示を会社に行った後は「極力会社には出社されたくない」という心情もあろうかと思います。当サービスでは、弁護士から会社に有給取得の申し入れを行い、退職に至るまでに可能な限り有給を消化できるように交渉を行います。

有期雇用契約(期間の定めがある雇用契約)の途中で退職することができますか?

雇用契約には、無期雇用契約(期間の定めのない雇用)と有期雇用契約(期間の定めのある雇用)があり、それぞれで法律上の対応が微妙に違います。
無期雇用契約の場合は、民法627条に記載されているように、退職の意思表示を会社へ行った後に一定期間が経過すれば、必ず退職することが可能であると定められています。当サービスでは弁護士から会社へ退職の意思表示を行って対応してまいります。例えば、即時の退職を申し入れた場合でも、上記の定めを理由に退職に合意するケースがほとんどです。
有期雇用契約の場合は、原則として雇用期間が満了するまでの間に一方的に退職することはできません。ただし民法628条で記載されていますが、「やむを得ない理由」がある場合には即時の退職が認められるケースがございます。当サービスでは弁護士が会社と直接交渉をすることで、取り立てた理由などがないといった場合でも、円滑に退職同意を会社から得られるケースが多くあります。

退職するにあたって、損害賠償請求など会社から訴えられる可能性はありますか?

これまで退職代行を弁護士に依頼された場合には、損害賠償請求されたというケースはほとんどありませんが、そのような可能性が「全くない」ということではありません。当サービスでは弁護士が会社と交渉する過程において、そのような可能性を極力低くするように丁寧に交渉を行います。万が一、会社から訴えられたという場合には、そのまま担当の弁護士が対応することも可能ですので、ご安心頂ければと思います。
※損害賠償請求の対応は、別途のご契約が必要となりますので、都度ご相談ください。

以上 代表的な質問をあげておきました。

退職110番へのご相談はこちら

まとめ

  • 退職代行業者は弁護士法人か労働組合に頼みましょう。
  • 株式会社や労働組合に認定されていない業者は安いが非弁行為(法律違反)になります。
    つまり会社側との交渉は出来ません、注意しましょう。
  • 労働組合は安いのが特徴になります。
    SARABA
    東京労働経済組合ガーディアン
  • 弁護士法人関連
    みやび
  • 弁護士法人
    退職110番

最長28ヶ月社会保険給付金が受け取れる方法があります

退職後は収入に対する不安があります。

そんな時に社会給付が最長28ヶ月受けれる方法があります。

気になる方は以下の記事も是非お読みください。

-転職, 転職と副業