var vc_pid = "886686399";

wordpressの初期設定

この章は初心者WordPressでブログ作成の続きになります。

WordPressの初期設定からブログのデザインテンプレートであるテーマの導入までを解説します。

ここでは次の3項目を設定します。

  1. 一般設定
  2. パーマリンク設定
  3. ブログデザインテーマCocoonのインストール

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WordPress初期設定

ご自身のWordPressの管理画面であるダッシュボードで全て設定します。

 

一般設定

左側メニューの設定の一般設定を選びます。

サイトのタイトルはブログ、ホームページのタイトルになります。

キャッチフレーズはこのブログの紹介文になり、Googleなどで検索された時など表示されます。

 

確認のため、WordPresアドレス、サイトアドレスともに、
http ⇒ https と s がついているか確認して下さい。

もし、sがなかったら付け加えてください、SSL化セキュリティー設定になります。


変更した場合は再度ログインする必要があります。

 

 

画面下部までロールさせて設定保存します。

パーマリンク設定

設定でパーマリンクを選択します。

パーマリンクは投稿記事のアドレス管理の為の共通設定になります。

ブログアドレスの後に、日付を選ぶと記事のURLの最後が日付に、投稿名だと記事名になります。

記事名が一番分かりやすいのですが、日本語のためにアルファベットに変更する必要があり不便です。

お勧めはカスタム設定で、post_idを選びます。

ブログのURLの後ろに自動で番号を割り振ってくれます。

選んだら保存します。

Cocoonのインストール

ブログのデザインテンプレートをインストールします。

ここでは、無料で配布され、有料版にも劣らない高機能のCocoonを選択し、インストールします。

 

外観でテーマを選択します。

次にCocoonのホームページを開きます。

 

Cocoonのホームページでからダウンロードを選びます。

 

親テーマをダウンロードします。

 

ダウンロードされたZIPファイルを確認したら、ファイル選択今すぐインストール実行します。

 

インストールが完了したら有効化をします。

 

親テーマの次は子テーマを次にインストールします。

再度、Cocoonのホームページで子テーマをダウンロードします。

 

子テーマをインストールします。

 

子テーマを有効にします。

今後全て子テーマで色々な設定、操作をしていきます。

  1. 親テーマから先にダウンロード、インストールします。
  2. 子テーマを2番目にダウンロードし、インストール後、子テーマだけ有効化する

   テーマがアップデートした場合も子テーマでの設定、変更が影響されない。
   親テーマのみアップデートすればいいのです。

ブログのサイトを表示させると以下の画面が現れます。

Cocoonのテーマで作成された画面です。

アイク
アイク

ここまでがブログデザインのテーマ設定までです

みさき
みさき

この後はなにをやればいいのですか

アイク
アイク

この後はCocoonの設定になります。

Cocoonとても便利で高機能なテーマなので

記事を書くのが楽になりました。

次も期待していてください。

以下あわせてご覧いただくと分かりやすいかと思います。