var vc_pid = "886686399";

自分に合った転職会社を見つけよう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕組みと業界の特徴

 

転職エージェントをどこにするかは大変重要です。
この業界は人材流動化、終身雇用制の崩壊により市場が広がりました。

市場が広がったことで数多くのエージェントが乱立しています。

その中では大手で歴史ある斡旋会社は色々な意味で信用できますが得意不得意が各々の
会社であり、それを理解しないとこんなではなかったと後悔します。


また、コンサル担当自身の転職が多いこと、簡単に起業出来るので起業、廃業が多いこと、なども業界の特徴になります。

 

その中で転職コンサルタントが本当に自分に合うかどうか見極める、合ってなかったら
変える、又はエージェント会社を変えることも考えなくてはいけません。

登録時エージェント会社は貴方からお金をもらいません
ではどこから貰うのでしょうか、転職先企業です、企業側の立場で判断し動きます

相場ですが、転職した人の年収の30~40%が報酬になります、利益率が非常に
高いビジネスモデルです、ハイクラスの転職ですと45%とかある場合があります。
滅多にありませんが2000万円の年収だと900万円の報酬です。

顧客は企業です、あなたは人材という商材です、それを忘れないようにしないと
いけません、言い換えるとコンサルタントは企業側の最初の面接官です。

ファースト面接だと思ったほうが良いでしょう、でも、緊張は不要、リクエストを
しっかり伝えましょう。

  • 昨今転職エージェント業界は簡単に起業できるので乱立気味
  • 担当者が転職し起業する例が多い
  • 非常に利益率が高い
  • コンサルは企業の要求スペックの人材をさがす、最初の面接官と心得る事
  • 企業側の視線ではあるが、自身のリクエストはハッキリ伝える事
  • 伝えれば手持ち企業とのマッチングをやってくれる
    遠慮してのミスマッチは絶対に避ける事

 

スポンサーリンク

転職エージェントを選ぶ際のポイント

 

エージェントを選ぶ際のポイントで重要なものをまとめてみました。

  1. 志望者の志向性と事情を理解してくれる
  2. 自分にあった会社を紹介してくれる。
  3. 面接対策や職歴などのレジュメの指導をしてくれる。
  4. 相手先企業の情報をしっかり教えてくれる。
  5. 同じエージェントから候補者複数推薦もあるが直截に話してくれること。
    (顧客は企業ですから、黙ってのこのケース結構多いです)

一般総合エージェント

比較的若い世代のお勧めの総合転職エージェントをまとめてみました。

20代~50代にお勧めの会社(総合)
 

  1. リクルートエージェント(老舗、アドバイザー制でコーチングしてくれる)
  2. doda(大手企業に顧客多く20代、30代の求人が多い)
  3. ビズリーチ(インターネットで斡旋の草分け起業、他のエージェントと連携) 
  4. JACリクルートメント(コンサルの質高い、ハイクラス求人や海外企業が多い)
  5. マイナビエージェント(メーカー系に強く、20代求人も豊富)
  6. パソナ(コンサルタントが非常に評判が良くきめ細かい、登録企業が多い)

ハイクラス転職エージェント

40代以上のハイクラスのエージェントで、会社の幹部クラスの転職紹介会社です。

ハイクラスエージェントのタイプ

大きく分けて以下のようなタイプがあります。

  1. 登録型
    コンサルタントがあなた自身のキャリアや希望、職歴をヒアリングし
    条件に合った求人を紹介する。
  2. ヘッドハンティング型
    人材登録し、あとはスカウトを待つだけ。
  3. サーチ型
    企業からの求人スペックをもとにエージェントが条件に合う人物を探す。

何れも実今までの実績が要求され、登録も企業人として一定の成果を出していないと
登録自体難しく、制限があります。

  1. リクルートエグゼクティブ(業界専門別に分かれている、1のタイプ求人非公開)
  2. JACリクルートメント(総合でも上位、自由に登録可能)
  3. 縄文アソシエート(老舗中の老舗、エグゼクティブサーチ会社 3のタイプ)
  4. ビズリーチ(多くのエージェントとの窓口として利用でき自由に登録可能)
  5. キャリアカーバー(リクルート系だが、2のタイプ求人公開)
  6. 顧問年鑑(企業役員経験者専門の顧問候補の斡旋会社)

他にもハイドリックス&ストラグルズジャパン、スペンサースチュアート等あるが主に
は外資系企業の依頼を受けて日本企業の人材のヘッドハンティングを主にしている。

JACリクルートメントもそうだがビジネス英語が要求される。

ハイクラスの転職はこちらのサイトもどうぞ。

ロバート・ウォルターズ

医療関係者の転職はこちらのサイトをどうぞ。

色々なエージェントが群雄割拠の様相です。

コンサルタント次第と言い切ってもいいのですが、合う人に会えるかどうか分からないので幾つかの求人サイトに登録しておくのがコツです。

出来るコンサルタントは引き抜かれたり、起業します、縁が出来たら繋がっていた方が
後々有意義です。