var vc_pid = "886686399";

WordPressで403エラーが出た時のロリポップサーバーでの対処法  

スポンサーリンク

WordPressで403エラーが出て困った経験ありますよね?

今回は403エラーのロリポップサーバーでの対処法について解説していきます。

一度覚えてしまえば記事作成やWordPress設定が

ストレスなく進めることが出来るようになります。

403エラーの原因

原因の典型例を挙げます。

  1. プラグインSiteGuardに起因
  2. .htaccessに記載ミスまたは追記が必要
  3. WAFの誤検知 → サーバー運営者に連絡
  4. サーバー凍結 → 使用料金未払いの可能性

サーバー権限の制限によるエラーなのでサーバー運営者の

カスタマーサービスにヘルプを仰ぐのが一番ですが

項目1,2は自分で解決出来る一番多い原因なので

ここでは絞り込んでロリポップサーバーを例に解説します。

ログ記録から原因を探り対処する

WordPress、テーマはcocoon、設定変更を実行しようとしたら

出ました。

ログ履歴でシグネチャを確認します

ここで、拒絶されたシグネチャを特定するために

自身のドメインを選択し

WAF(ファイアウォール)のログ履歴を確認します。

①サーバーにログインし、メニューのセキュリティ⇒WAF設定

②自身のドメインを選択

②ログ欄選択し、アクセス日付選択⇒アクセス元IPからシグネチャを確認。

ドメインを選択したら、アクセスした日付の記録を確認します。

③数回アクセスしている制限されたシグネチャが確認できました。

 全て同じシグネチャです。

 Siteguardでブロックされているのが確認できました。

SiteGuard_User_ExcludeSig シグネチャ”を

.htaccessに追記する必要があります。

シグネチャを確認したらロリポップFTPを開く

④該当ファイル名を選択する。

⑤.htaccessを選択。

⑥許可したいシグネチャを追記する。(この場合は2個)

 ”SiteGuard_User_ExcludeSig シグネチャを追記します。

保存する、で終了です。

注意した方が良いポイント

編集する時にはWAF設定を無効にし、.htaccess変更後

保存し、その後有効に戻した方が良いです。

まとめ

  • 403エラーはサーバーアクセス制限エラーです
  • SiteGuardで制限がかかっている場合が多いため、
    まずは制限されているシグネチャを確認します
    制限されているシグネチャ全て調べます
  • 確認できたら.htaccessファイルを追記変更します
  • これで制限受けていたシグネチャに権限付与されました
  • 変更後403エラーが出るか確認します
    出たら別の原因も複合要素として考えられます
  • サーバーに起因する可能性もあるので
    ホストのカスタマーサービスに相談しましょう
  • ミスしたら深刻な状況にpちいるオペレーションですので
    必ずブログを保存して行うようにしてください

アフィリエイト情報