var vc_pid = "886686399";

退職のトラブルやリスクを代行サービスを使って回避する方法

スポンサーリンク
エンジニアの田中くん
エンジニアの田中くん

退職したいと上司に話したら会議室に呼ばれた。

引き留めがすごく、半端ないプレッシャーがかかる

退職代行サービス』は知ってるけど

使った場合のリスクやトラブルが気になる

OLかおりさん
OLかおりさん

私も退職したいけど、パワハラ体質みたいな

雰囲気があって辞めたい人も

怖くて言い出せないのよね

代行サービスに頼みたいけどどこが良いかしら?

こんなお悩みの方への記事になっています。

ここで紹介する退職代行サービスを利用すると

トラブルもリスクもなく辞める事が出来ます。

何故なら、退職代行は法律で弁護士か労働組合しか

会社側と交渉出来ないのです。

多くのトラブルが非弁(弁護士か労働組合以外)

の退職代行サービスを使い生じています。

私の今までの一部上場会社、中堅会社での転職、人事労務を担当した経験より

退職本人側と会社側双方の立場から助言します。

この記事を読めば退職代行サービスの上手な利用の仕方が

理解出来、トラブルなくスムースに退職出来ます。

退職のトラブルやリスク回避の為に

厚労省の調査では退職トラブルは40000件、10年前の2倍になっています。

  1. 退職届を受け取ってくれない。
  2. 引継ぎ等を理由に伸ばし伸ばしされる。
  3. 辞めるまでハラスメントを受ける。
  4. 退職時に必要な書類を送ってくれない。
      (離職票、源泉徴収票等)
  5. 損害賠償を要求される。

ここでおススメする退職代行サービスを利用すれば

トラブルやリスクもなく一人で悩むこともなくなります。

退職代行サービスは有効でどれぐらい利用されているのか

転職エージェントのマイナビの調査によると転職した人の

約25%の人が退職代行サービスを利用、または

使いたい、と回答しています。

特に20代の若い世代は30%と多いのが特徴です。

*詳細はマイナビのページをご覧ください。

何故退職代行サービスを利用した方が良いのか

退職時のトラブルは人出不足により増えてきました。

転職で多いのが製造業、営業などのストレスのかかる職業

エンジニアなどの転職によるステップアップしやすい職業、

これらは引き留めの多い、人出不足の業界に見受けられます。

これらの会社との交渉は気が重く、つい諦めがちになります、

そんな時に代行業者に依頼しましょう。

退職代行サービス業者に会社側も応じるケースが増えました。

気を付けたいのは代行業者は法律で会社と交渉できるのは

弁護士か労働組合です。

その他の業者は交渉できません。

単に退職の意思を伝達するだけの代理業です

トラブル対応は法律違反のため出来ません。

法律にのっとり会社と交渉してくれる業者を選びましょう。

おすすめの退職代行サービス

1 TRK(東京労働経済組合)【退職代行ガーディアン】

退職代行サービスの業界競争力NO.1の【退職代行ガーディアン

TRK(東京労働経済組合)です。

労働組合系の退職代行業者です。

お勧めの理由

  1.  労働組合が運営する退職代行サイトなので安心
  2.  365日、全国対応可能
  3.  スマホでの連絡でOK、煩わしくなく出社せず辞めることが出来る
  4.  料金が均一29800円 追加料金がかからない

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

悩んでいる方は是非ご相談下さい。

2 NEXT

弁護士事務所(豊楽法律事務所)が運営している退職代行業者

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

お勧めの理由

  1.  弁護士の為会社との交渉を全て委託できるため損害賠償等で
     揉める危険性がある場合はコチラに頼むのがお勧め。
  2.  メール、LINEで依頼出来る。
  3.  料金が安い、30000円(弁護士に依頼すると通常100000円)
     退職出来なかったら返金

弁護士事務所だと訴訟含めてのもめごと全てに対応してくれますので

安心感ナンバー1です。

まとめ

  • ストレスの無く転職したい時は代行業者に依頼しましょう
  • 代行業者で会社と交渉できるのは弁護士か労働組合だけです
  • 信用と実績のある退職代行業者を選ぶことが大事です。

利用した人の感想は

【退職代行ガーディアン】

NEXT